真剣に性行為を考える

男女の愛のコミュニケーションであるSEXを真剣に考えます

性について悩んでいる女性

性行為によって胃潰瘍だと感じたときは妊娠検査を行う

妊娠検査のために電話をしている女性性行為によって胃潰瘍だと感じるような違和感を覚えたときには妊娠検査をする事が大切です。性行為の後に胃潰瘍のような違和感を感じるときは、妊娠をしているか性病にかかってしまったかのどちらかである可能性が高いので妊娠検査が必須です。
そもそも、避妊をしていない状況で性行為をすると妊娠どころから性病にかかってしまうリスクもかなり上昇します。実際に、避妊具を着けていない場合の性行為では性病にかかるリスクが数倍にまで跳ね上がりますし、そのような状況で性病にかかった場合には次の性病にかかるリスクがさらに5倍以上にも膨れ上がります。そのため、性行為をしたときの状況によって胃潰瘍や妊娠検査の必要性があると感じたときにはすぐに行動しなくてはいけません。
実際に、妊娠をすると吐き気や眩暈、下腹部に対する違和感を覚えるときがあります。これは妊娠初期の初期症状であるため女性であるのならばきちんと理解しておかなくてはいけません。また、性病にかかったときもこうした初期症状が存在し、性病の場合には風邪の初期症状になったような状態になります。淋病などのきつい性病にかかったときには身体の違和感だけではなく38度以上の高熱に襲われることになるので、注意が必要です。
妊娠検査に関しては病院で販売されている市販の検査薬を利用することによって容易に検査することが出来ます。性病に関しては、専門の機関が販売している検査キットを購入して必要な検体をサンプルとして郵送すると、性病にかかっているかを検査することが可能です。
時間がないときにはわざわざ病院に行かなくても検査できる方法が用意されていますので、違和感を覚えたときには躊躇せずにすぐに検査することが大事です。